おかげさまで前回記事をもちまして大台の100記事に到達しました! 読んでくださる方に感謝しかないです!! 今回は第100回記念ということで、アクセス解析用のsplunkダッシュボードを作成してみました。 ただ、アクセス解析はGoogleがサーチコンソール・アドセンス・アナリティクスで大体提供しているので、今回はそれ以外の項目に着目してみました。 文字数とクリック数の相関 記事中の画像数とクリック数の相関 タイトルの長さとクリック数の相関 我ながら斬新な観点だと思います。(Googleが着目していない=見ても意味がない) あと、データはSearchConsoleとAdSenseのレポート及びWordPressの情報を使用します。 勿体ぶっても仕方がないので、早速ダッシュボードを見ていただきましょう。 ↓が完成したダッシュボード画面になります。 どうでしょうか、私なりに格好良さを拘ってみたのですが… 私が思うカッコイイが中二で止まっている気がしてならない今日この頃… ま、まあ、私のセンスのなさは一旦置いておいて、中身を掻い摘んで見ていきましょう。 まずは、曜日毎のPV数と収益です。 技術系記事が多いせいでしょうか、平日のPV数が休日の倍くらいありますね。 一方で収益はそこまで差がないです。 業務中に広告をポチる人は少ないってことですかね。企業からのアクセスだとセキュリティで広告がブロックされているのかもしれないですけど。 次に、カテゴリー別のクリック数です。 一つだけ飛び出ているのがあります。 下の記事のせいなんですよね。一記事で全体の4分の1くらいのPV数を稼いでるみたいなんです、やば。https://www.mathkuro.com/smartphone-tablet/share-google-calender/ それ以外は特筆する点はありませんねー 最後に、冒頭で述べた各種相関の分析です。 文字数も記事中の画像数もタイトルの長さもクリック数との相関はありませんでした。 別に、意味がないとかではなく、相関が無いことが分かったからいいんじゃないかと思うんですよね。(負け惜しみ) 終わりに 今回は100記事記念ということでアクセス解析のダッシュボードを作ってみました。 一部意味のない内容だったかもしれませんが、節目節目でこういうことを確認するタイミングがあるのはいいことだと思いました。 アナリティクスとかアカウント作って放置状態でしたしね… 今後はこの解析結果を生かしてPV数稼げるように頑張ります!! …と言うべきなんでしょうが、今後も書きたいことしか書けない低脳さは変わらないと思うので、好き勝手書いていくと思います。 次記事はsplunkかVS Codeになる予定です。(ほらまた一般受けしない記事)

【WordPress】簡単過ぎる目次の自作

このサイトでは以前から目次を自作していたのですが、その方法が無駄に複雑だったことに気がつきました。
試行錯誤を行った結果、目次をビジュアルエディタだけで簡単に自作する方法にたどり着いたので、ご紹介したいと思います。
リンク付き目次や目次の入れ子も簡単に設定できるのでオススメです。
また、Googleの検索結果にも見出しがきちんと表示されるので、SEOの観点でプラグインと比較しても遜色ないかと思います。

GoogleAdSenseに通るまでの軌跡です。試行錯誤の末、自分は4回目で審査を通過することができました。この通りやれば必ず通過できる、と言うわけではありませんが、詰まっている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

2019/2/14追記)結論から言うと、ソースコードをGistに書こうが、WEBページにべた書きしようが検索順位に影響はないです。また、Gistの方が見易いのか時間が経つにつれGistで書いた記事のほうが高い順位に上がってきていました。 <結果の一例>↓Gistを使った記事。9位。C言語ソケット通信サンプル↓ソースコードべた書きの記事。43位。C言語ソケット通信サンプルnew ※それぞれ「C言語ソケット通信サンプル」でGoogle検索 [AD]人工知能の人気パッケージ世界最大級のオンライン学習サイトUdemy ↓ここから原文(過去の愚痴なのでもう読む価値ないですが) えっと今日は、先週頑張って書いたソケット通信の記事が検索に全然上がってこないって話です。 まあ文才が底辺ゴリラなんで上位に挙がってこないのは別に良いんですけど、さすがに検索からハブられるとツラみが深いのでちょっと原因を考えてみようかと。 検索されない記事書いた後にも幾つか記事書いてるんですけど、そいつらはちゃんと検索に上がってきてるんですよ。底辺ですけど。なんで、このサイトがハブられてる説は無いです。 「じゃあ、その記事がゴミ過ぎるんじゃね?」って話なんですけど、検索に入ってる記事の方がゴミなのでそれは無いはず、botさんの好みは知りませんけど… ↓検索に上がらない割と頑張って書いた記事C言語ソケット通信サンプル ↓検索に上がってくる適当に書いた記事どうせならerrno書いてよ じゃあなんなんだ??と考えてみたんですが、検索に上がってくる記事はgistのソースコードが中心で、その説明とかもソースコードの中に埋め込んでしまってるんですね。もしかしたらそれが原因じゃね?って思ったりしてる今日この頃です。 と、いうことで(←どういうことだよ)、ソケットの記事と全く同じ内容の記事をgistを使わずに書いてみました。→C言語ソケット通信サンプルnew 内容はガチのマジで全く一緒です。これで後日google大先生がどうするかを見てみようと思います。誰も求めてないとは思いますが、結果は追って報告します。

WordPressのスタイルを修正したり、自分でphpいじったりする系の記事だと必ず、子テーマ作ることが推奨されていますよね。 丁度子テーマを設定する機会があったので理由とやり方をまとめておきます。※よくよく考えるとWordPressユーザの殆どがこの設定必要なんじゃないかと思います。 やり方としては、以下の二通りがあります。 プラグインを使う 自分で子テーマを作る 私はプラグインが嫌いあまり好きではないので、この記事では自作の方法をまとめています。 子テーマ作成法 ①子テーマ用のフォルダを作る 親テーマ(今回はtwentyseventeen)と同じ階層にフォルダを作ります。新規フォルダ作成でOKです。 ②子テーマ用のfunctions.phpとstyle.cssを用意する 親テーマフォルダにあるfunctions.phpとstyle.cssをコピーして①で作成したフォルダ内に入れます。 もちろん、新規作成してもいいのですが、ファイル名や改行コード、文字コードをミスると死ぬのでコピーした方が無難です。 ③function.phpを書き換える ↑の内容をコピペでOKです。あ、改行コード等は気を付けてくださいね(念押し) functionの中の1行目で親テーマのstyle.cssを読み込んでいます。 functionの中の2行目は親テーマの後に子テーマを明示的に読み込む処理です。通常は不要ですが、子テーマのstyle.cssが正しく読み込まれない場合はコメントを外してみてください。 ④style.cssを書き換える ↑の内容をコピペして適宜書き換えてください。あ、改行コード等は気を付けてくださいね(念押しの念押し) <<注意点>>3行目の”Template:~”の部分は一字一句ミスらずに親テーマの名称にすること!! これをミスると表示が崩れるので注意!!(そして気づくまで数時間かかる) それ以外の箇所は別に表示には影響しないので適当で大丈夫です。精神衛生上ちゃんとしておいた方がいいですが。 ⑤子テーマが正しく作成されたことを確認する WordPressテーマを作成した子テーマに変更して以下を確認しましょう。 サイトが表示されるか? 表示が崩れていないか? 子テーマのstyle.cssに変更を加えると変更がページに反映されるか? ※子テーマのstyle.cssへの変更はキャッシュ等の影響ですぐに反映されない場合があります。ブラウザのシークレットモード等で確認してください。 終わりに 作業自体はそんなに難しくないです。が、文字コード・改行コードをミスると表示が崩れたりするので慎重に行う必要はあります。 文字コード&改行コードミスに気づくのに数時間かかった 参考 「10分で終わらせてくるっ!」WordPress子テーマの作り方を2ステップで簡単解説!