VS Code

VS Code

【SandDanceグラフサンプル】用途に合わせて選択しましょう◎

SandDanceで描くことができるグラフの一覧。 ・Grid(グリッドチャート) ・Bar(横棒グラフ) ・Scatter(散布図) ・Treemap(ツリーマップ) ・Density ・Strips(帯グラフ) ・Column(縦棒グラフ) ・Stacks(積み上げグラフ)
VS Code

VS Codeのイケメンすぎる分析&可視化ツールSand Danceの使い方

プレゼン用グラフを素早く作るという用途に最強のツールSandDance for VSCodeの説明記事です。 インストール・グラフ表示・データ検索と、一通りの操作説明をまとめています。
VS Code

【VS Code】おすすめCSV拡張機能 “Excel Viewer”

色々試したVS CodeのCSV拡張機能の中で一番使いやすかった"ExcelViewer"の紹介です。 CSVの整形表示、エクセルライクなフィルタリングができます。 次のような人におすすめです。 ・とりあえずCSVの中身を見たいだけ ・Excelライクな使い方がしたい(SQLとか使いたくねぇ)
VS Code

Windows10でSourcetrail × VSCode

Windows10にSourcetrailをインストールし、VS Codeと連携させる話です。 インストール→プロジェクト作成→インデックス作成(C++とPython)→Sourcetrailの操作→VS Code連携の順に試してみました。
VS Code

【VS Code】gitでできること

VS Codeのgitでできることをまとめて見ました。 ・標準のgit機能でできること ・拡張機能GitLensでできること ・ファイルのhistory/diffの表示 ・ブランチ周りの操作
VS Code

【VS Code】gitの初期設定

VS Codeを利用した場合のGitの初期設定をまとめました。ローカルのリポジトリとリモートのリポジトリの設定まで行っているので、ここで紹介している所まで設定すればとりあえずはVS CodeでGitを使える状態になるかと思います。
VS Code

MacにVisual Studio Codeをインストールしてみた

MacにVS Codeをインストールしました。少しハマってしまいましたが、解決し、その対処法も紹介しています。
VS Code

VS Codeで古いバージョンの拡張機能を使用したい場合

VS Codeで古いバージョンの拡張機能を使用したかったのですが、VSIXからインストールすることができず、戸惑っていたところ、公式機能でバージョン指定インストールする方法があったということに気が付いた話です。
VS Code

VS CodeでUML図を作成してみた

「Visual Studio Code で UML を描こう!」という記事を見かけて自分も試してみたくなったので書きました。PlantUMLという言語の拡張機能をVS Codeにインストールして、UML図を作成する、という流れになります。
VS Code

【VS Code】C/C++ ビルド&デバッグ(Linux編)

linux(CentOS)上のVS CodeでC/C++をビルド(コンパイル)&デバッグする方法をまとめました。 普通にビルドするパタンと、boost等のライブラリを含むビルドのパタンと、Makefileでビルドするパタンを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました