【Flutter入門②】 アプリを動かしてみる~Android Studio編~


前回→“[Flutter入門①]環境構築(win10)”

今回は実際にFlutterアプリを作って動かしてみます。

1.Flutterプロジェクトの作成

File > New > New Flutter Project… でFlutterプロジェクトのウィザードを開きます。
あとはウィザードに従えば問題ないです。

Flutter Applicationを選択し[Next]をクリック。
FlutterのSDKパスは要確認。あとは任意で入力し、 [Next]をクリック。
今回はお試しなので全てデフォルトでOK。 そのまま[Finish]をクリック。

2.アプリのRun

右上の緑三角[Run]をクリックしましょう。これでテンプレートとして用意されているアプリが起動します。

当方の環境では一発目の起動は6分30秒かかりました。

次に表示されている文字を適当に編集して保存してみましょう。
保存した時点でhot reloadが走ります。

hot reloadでは10秒弱です。やはりhot reload速いですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *