CentOS7でifconfigできない話


インストールだけして放置していたCentOS7のコンテナをそろそろ使おうと思ったところ、「ifconfigが効かないだとッ…」ってな具合に戸惑ってしまいました。
なんか、CentOS7からはifconfigがデフォルトではなくなったようです。

1.それでもifconfigが使いたい

ifconfig使い慣れてるのでifconfigって打って「そんなコマンドねーよ」って言われたらへこみますよね、へこみませんか?へこむということにしてください。
そんな皆さんに朗報です。

net-tools を入れると今まで通りifconfigが使えるようです!

# yum install net-tools

2.ifconfigは卒業だ!

「OS標準についていくぜっ!」という貴方にはこちらを。
ifconfig系のコマンドはipコマンドに受け継がれました。

新たなコマンドを覚える時が来たのです。

昔ながら 新しい奴
ifconfig -aip addr
netstatss
arp -aip neigh
routeip route

※1.この表はよく使うものだけを抜粋しています。下の参考に書いたチートシートにもっといっぱい載っています。

※2.最小インストールだとipコマンドも使えません。
そんな時は、優しく「yum install iproute」と叩いてあげましょう。

3.終わりに

まあ、レガシーコマンド使いたければnet-toolsをインストール、新しいコマンド覚える時間ができたらipコマンド覚えようってことですね。

参考
ipコマンドチートシート
↑ipコマンドとの対比はこれが分かりやすかった。
https://qiita.com/s_makinaga/items/ce45f3e20b8edafab9dd

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *