CentOSにwireshark(3.0.5)をソースからインストールする


CentOS 7に最新版のwireshark(3.0.5)をソースからインストールした際の手順をまとめました。

wiresharkのtarballとDVDのパッケージだけで完結しているのでオフライン環境でもインストール可能です。

目次

  1. インストール手順
    1. cmakeのインストール
    2. wiresharkのインストール


1.インストール手順


1-A.cmakeのインストール

cmakeの最新版(3.12>=)をインストール済みの方はスキップしてwiresharkのインストールへお進みください→wiresharkのインストール

0.古いバージョンのcmakeをアンインストール
古い版のcmakeをインストール済みの方は先にアンインストールすることをお勧めします 。

1.最新版のcmakeをダウンロード
※wiresharkのインストールに新しめ(3.12>=)のcmakeが必要です。
https://cmake.org/download/

2.↑のtarballをサーバに配置

3.解凍
# tar xvfz ./cmake-3.15.3.tar.gz

4.解凍したフォルダに入る
# cd ./cmake-3.15.3

5.必要なパッケージのインストール
# yum install -y gcc gcc-c++

6.bootstrapでmakefileを作成
# ./bootstrap

7.make & make install
# make
※結構時間がかかります。

# make install

8.確認
# cmake --version
cmake version 3.15.3と表示されれば完了です。


1-B.wiresharkのインストール

※ここからやっとwiresharkのインストールです

1.wiresharkのソースをダウンロード
https://www.wireshark.org/download.html

2.↑のtarballをサーバに配置

3.解凍
# tar xJfv ./wireshark-3.0.5.tar.xz

4.ビルド用のディレクトリを作成し、入る
# mkdir build
# cd build

5.必要なパッケージのインストール
# yum install -y gcc gcc-c++ glib2-devel libgcrypt-devel flex-devel byacc libpcap-devel qt5-qtbase-devel qt5-linguist qt5-qtmultimedia-devel qt5-qtsvg-devel
※量が多く、時間もかかります。

6.cmakeの実行
# cmake ../wireshark-3.0.5

7.make & install
# make
※時間けっこうかかります。

# make install

8.確認
# tshark --version
TShark (Wireshark) 3.0.5と表示されれば完了です。
(ほかにも色々情報が出力されてて分かりづらいですが)


参考

2.6. Building Wireshark from source under UNIX

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *