Windows10での環境変数の設定方法


通常、 Command PromptやPowerShellでアプリケーションを実行する場合は、その実行ファイルが置いてあるディレクトリに移動してから実行する必要があります。

毎回フルパスで指定したり、そのディレクトリに移動するのは面倒ですよね。

そういった場合は、当該アプリケーションを環境変数に設定し、どこからでも使用できるようにすることができます。


設定方法

1.Windowsのスタートの検索で”env”を検索し、 「システム環境変数の編集」を選択します。

windows7でも”env”で検索したら出てくるはず


2.「環境変数」を選択します。


3.「ユーザーの環境変数」にある「Path」を選択し、「編集」をクリックします。

Pathが無い場合は新規をポチる


4.「新規」をクリックすると、空欄が表示されるので、そこに追加したいアプリが置いてあるフォルダへのフルパスを入力します。

例: “C:\src\flutter\bin\flutter”というアプリをどこでも使えるようにしたい場合は、 “C:\src\flutter\bin”を入力します。


5.追加が終わったらOKですべてのウィンドウを閉じ、 Command PromptやPowerShellで確認しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *